実際の授業の様子についてご紹介

上尾看護専門学校ロゴ

授業風景

学校案内

看護師に必要な4つの分野の授業風景

看護師に必要な、基礎分野、専門基礎分野、専門分野、統合分野の4つの学習分野からなる実際の授業の様子をご紹介します。

基礎分野

人間に焦点を当てた学問追及を行います。
自然的人間・社会的人間・文化的人間について理解するため様々な視点から学習します。

基礎分野では生物学や生活科学・心理学など科学的に思考する力を育て専門領域を学ぶ土台とします。
また、幅広く人間を理解するためにコミュニケーション能力を身につけ、感性豊かな人間形成を目指した教育内容で構成されています。

教室での授業

教室での授業風景

人間関係論

先生の話に真剣に耳を傾けます。

人間関係論宿泊研修

4月と9月には1泊の宿泊研修があります。

授業中の生徒

専門基礎分野

人間の健康・疾病について医学的知識を学び、さらに保険・福祉が人々の健康問題をどのようにとらえ、解決しようとしているのかその取り組みについて学習します。

専門基礎分野では、人間を細胞レベルからとらえ、その発生、構造、機能を理解します。そして、人間の健康障害、診断、治療、回復過程について、医学的知識を学びます。
人々の健康生活を支えるための国の施策や体制、社会資源とその活用法を知り、基本的人権としての健康を守る取り組みを理解する科目です。

ボディメカ

学生も患者体験し、自然な体の動きを考えています。

生活科学

生活科学の授業風景。この後で実験もあります。

癒しの科学

癒しの科学では、ハンドマッサージを体験します。

専門分野Ⅰ・Ⅱ

看護の目的・対象・方法を学び、看護とは何かを考えます。そしてあらゆる発達段階の人々の健康問題の特性を理解し、問題解決のための基礎的能力を養います。

看護とは何か、その役割と機能を追求しつつ、保健医療福祉チームの中で看護の専門性が発揮できる能力を学んでいきます。
専門分野Ⅰでは、看護の概念と基礎的な看護技術や、人々の健康問題を解決するための方法を学びます。専門分野Ⅱでは、精神看護学、母性看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学の専門領域別に看護を学び、それぞれ臨地実習で実践能力を付けていきます。

清潔援助技術

清潔援助技術の実習の様子です。

小児看護演習

小児看護実習では乳児モデルを使って実習します。

母性看護実習

母性看護実習の授業の様子です。
何が聞こえるかしら。

統合分野

既習したすべての知識・技術を生かし、病院から在宅まで看護サービスが提供できる実践能力を養います。そしてチームで関わる組織的な取り組みについて学習します。

統合分野では、在宅看護・看護管理・看護研究・医療安全・災害看護を学びます。
これらの科目は既習の基礎、専門基礎、専門分野Ⅰ・Ⅱをすべて統合させ、場面に応じた実践能力を高めるものです。そして社会の中で、看護が担うべき責任と役割を理解する科目です。

統合演習

統合演習の様子です
実際の病院の病室を想定した実習です

心臓マッサージ

心臓マッサージ演習の様子です

防災訓練

地域の防災訓練にも参加し、災害救助の訓練も行います

 第32回上尾市総合防災訓練参加の様子