看護師を目指す皆さんへ、校長、副校長からご挨拶

上尾看護専門学校ロゴ

ご挨拶

学校案内

学校長からのご挨拶

超高齢化社会における看護師の重要性

今村福校長

校長 今村 惠一郎

日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えた超高齢化社会の中で、健康寿命の伸び率上昇の少ないことが社会問題になっています。健康寿命を延ばすには医療・福祉・介護の充実が重要であり、必要とされる専門職の第一に挙げられるのが看護師業務と思われます。

国家試験が年々難しくなる中で、看護専門学校は看護大学よりも1年間も早く看護過程が終了できる大きなメリットがあります。

本学では一学年あたり40人余の少人数教育のため、学生一人一人に対して各々の性格や個性を十分に理解できるとともに経験豊富な教職員が指導しているため、看護教育を受ける上で最適な環境にあると考えております。

副校長からのご挨拶

すべての人に健康と福祉を

八木義和福校長

副校長 矢部 彰久

医療の進歩は著しく、多くの人にとって自分らしい100年を選ぶことができる時代になりました。一方、健康を脅かす新たな問題も生じており、それらを解決するためには人々の英知と多くのエネルギーが必要です。
医療職にある者は、健康や福祉の問題に関わることが求められ、その一翼を担う看護師には多くの期待が寄せられています。

本校で学ぶことは看護師になるための最初の一歩になります。夢を実現するためぜひチャレンジして下さい。
すべての人に健康と必要な福祉が受けられる未来に向けて。

AGEKANでの3年間はあなたの未来への大きな糧となることでしょう。

澤田良子福校長

専任副校長 澤田 良子

少子高齢化の現代社会は、年齢を重ね病気や障害を持ちながらも、地域で自分らしく生きていく時代に変化しています。人間の健康にかかわり1人1人の生活を支える看護の役割はますます大きくなり、活動の場も広がっています。

上尾市医師会上尾看護専門学校は「人々が健康な生活を営むために必要な、地域の担い手として活躍できる、質の高い看護師を育成する」ことを理念に掲げ、地域に視点を置いたカリキュラムを構成しています。本校の学生の皆さんは様々な夢を持ちながら、看護師になるという同じ目標のもと、仲間と協力しながら、日々課題に取り組んでいます。看護に興味のある人は、ぜひ足を運び、AGEKANの校風を感じてください。

「ここから始まる あなたの未来」 AGEKANでの3年間はあなたの未来への大きな糧となることでしょう。